JALカード

JALカードプラチナはJCBとアメックスどちらが良いのか違いを比較してみた

JALカードの最上位ランクであるプラチナカードは、現在JCBとアメックス二種類のブランドで発行されています。

それそれ甲乙つけがたい良いカードなのですが、細かく見ていくと違いもいくつか見受けられます。

そこで今回は「JAL・JCBカードプラチナ」と「JAL・アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ」の違いを比較していきたいと思います。

基本性能の比較

 JALカード プラチナ JCB アメックス 比較 違い

引用元:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/platinum.html

まずはJALカードとしての基本的な機能・性能面について比較していきましょう。

同じプラチナでも、JCBとアメックスで変わらない部分、大きく変わる部分があります。 

年会費

まずは気になる年会費から。

JALプラチナの年会費は、JCB・アメックスともに、

  • 本会員…31,000円+税
  • 家族会員…15,500円+税

となっています。

JALカードは一般、club-aなどランクごとに年会費が違うのに加え、中には同ランクでも発行ブランドによって年会費が異なることもありますが、プラチナはどちらも同じ年会費となっています。

マイル還元率

そして多くのJALカードユーザーが気になるのがマイルの還元率でしょう。

JALプラチナはショッピングマイルプレミアムに無料で自動加入のため、下限は100円=1マイルとなります。

さらに航空券の決済など対象の商品購入時にはさらに100円=2マイルのアドオンマイルがつきますが、こちらももちろんJCB・アメックスのどちらも付与されます。

ただし、

  • ペット料金事前お支払いサービス
  • JAL SHOP機内販売オンラインストア

では、JCBプラチナでは付与されず、アメックスプラチナのみ対象となっています。

なぜこの2点がアメックス限定なのかは定かではありませんが…。

とはいえオンラインではなく通常の機内販売や、他にJALカードで決済しそうな航空券購入などはJCBでもアドオンマイルがつきますから、ほとんどの人にとってはその差は無いようなものかもしれません。

旅行保険

旅行保険もJALカードユーザーであれば気にしたいところ。

どちらも保険に関しては充実しているのですが、特筆したいのは対象の違いです。

たとえばJCBプラチナは死亡・後遺障害は自動で一億円適用ですが、アメックスプラチナは自動で5000万円+利用条件により5000万円となっています。

ほかにも障害治療、疾病治療、救援者費用はJCBが1000万円なのに対して、アメックスは200万円など、保険に関してはJCBが一歩リードしていると言えるでしょう。

ただし、“家族特約”に関してはJCBが海外のみなのに対してアメックスは海外・国内どちらでも適用されます。

家族特約とは、本人が旅行をしていない場合でも家族が事故や災害などに遭ったときに補償をしてくれる、というサービスです。

もちろん家族カードを作れば保険は家族にも適用されますが、たとえば18歳未満の子供には現状では家族カードも持たせることができませんので、家族特約は付いているほうが良いわけですね。

こうしてJCB・アメックスの見比べてみると、JCBは本会員への補償が手厚く、アメックスは国内旅行の家族特約への補償で有利という違いがあります。

JALプラチナの両ブランドで一番違いが表れるのがこの保険部分だと思います。

保険の適用範囲や金額については非常に複雑多岐に渡りますから、詳しくは公式サイトを一読することをおすすめします。

利用可能店舗

これはJALカードというよりもクレジットカード全般の基礎知識になると思いますが、提携ブランドが違えば当然利用できる店舗も異なります。

JCBが使えるのはJCBの加盟店、アメックスが使えるのはアメックスの加盟店のみです。

自分がよく使う店舗が加盟していないとなると一気に不便で使えないカードになってしまいますから、お店ごとの加盟ブランドは重要です。

ただ、特にJCBとアメックスの2ブランドについては、加盟店の違いはあまり気にする必要がないとも言えます。

何故なら、JCBとアメックスは相互に提携を結んでいるため、基本的にはJCBに加盟しているところではアメックスも、アメックスに加入しているとところはJCBも利用することができるからです。

これはなぜか一般にほとんど知られていないようで、店舗の従業員でも知らないことが多いです(各カード会社も普及に努めるべきだと思います)。

中には店舗の端末やシステムの問題で相互利用ができないところもあり、正確な数字は公表されていないのですが、加盟店の内80〜90%くらいはカバーされている感じです。

なので、アメックスに加入していない店でJCBには加入しているというお店であれば、アメックスのカードを出して「JCBで切ってみて」というと大抵は決済できます。

もちろんその逆もです。

知っておくだけで格段に利便性が上がりますので、これはぜひ覚えておいてください。

ちなみによく、「国内ならJCB・海外ならアメックス」という話を聞きますが、厳密にはそうとも言い切れません。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)が強いのはその名の通り主に北米で、ヨーロッパでは圧倒的にマスターやVISAが主流で強いです。

JCBは国産ブランドなので海外には多少弱いですが、日本発のブランドだからこそ日本人がよく訪れる旅行先はかなり部分カバーされています。

海外利用を考えたときには、JCBとアメックスでの比較をするよりかはJCB・アメックスとマスター・VISAという構成で考えるほうがカバー範囲は広がります。

各種優待・特典

ここまでで基本的なカードの機能についてご紹介してきました。

他に違いが表れる部分と言えば、プラチナ限定の優待サービスや特典です。

とは言っても、プラチナカードは競合他社を意識して作られているので、サービスの類も名称こそ違えど内容としてはほとんど同じものになっています。

たとえばプラチナカードの最大の特徴である“コンシェルジュサービス”はJAL、アメックスどちらも利用可能です。

レストランや宿泊施設での各種優待などもどちらも備えています。

他にも世界中のラウンジが利用できる“プライオリティパス”もどちらも発行可能。

※ただし、アメックスが家族会員も発行可能なのに対してJCBは本会員のみという点で注意が必要です。

結局JCBとアメックスどっちが良い?

ここまでJALJCBプラチナとJALアメックスプラチナの違いについて色々と比較してきましたが、結局はどちらを選ぶべきなのでしょうか。

マイル還元率などJALカードとしての基本的なスペックはどちらも変わりません。

特筆すべきは保険でしょうか。

基本的な補償額についてはJCBのほうがより充実していましたが、国内旅行の家族特約の点ではアメックスが有利でした。

その他のサービスに関しても、どちらも同じようなサービスを提供していますが、会社が違えば当然こまかな対応やその質も変わってきます。

それぞれの得意・不得意分野もあるでしょうが、こればかりは厳密に比べるとなるとどちらも自分で利用して合うほうを選び取るしかありません。

そうはいっても、どちらもプラチナカードということで上質なサービスを提供していますから、どちらを選択しても一定以上の満足は得られると思います。

どうしても違いをしいて上げるのであれば…

  • 本会員としてのメリットを最大限に享受したい…JCB
  • 家族会員でも充実したサービスを享受したい…アメックス

といったことになるかもしれません(保険、プライオリティパスなどの面で)。

ただ、じゃあJCBは家族会員がダメかと言えば他の部分ではプラチナカードの優位なサービスを変わらず受けられるわけです。

逆にアメックスに関してもそもそもプラチナカードということで保険は他のカードよりもはるかに充実しています。

ですからこれはもう、個人の考え方や利用スタイルによってどちらが良いかは変わるものでしょう。

極論を言えば、ブランドのイメージや好みで決めてしまっても良いと思います。

どちらを選んでも後悔はしない、コストパフォーマンスに優れた“JALカードプラチナ”シリーズですから、ぜひ手に入れて至高のJALカードライフを楽しんでください。


 

 マイルを効率的に貯めるなら…

 

日々の生活でマイルをよりお得に・効率的に貯めたいと思ったら、こちらの記事もおすすめです。

 

リクルートカードはJALマイルが本家よりお得に貯まる最強クレジットカード!

イオンでJALマイルを貯めるならイオンJMBカードがお得で優秀!