JALカード

イオンでJALマイルを貯めるならイオンJMBカードがお得で優秀!

JALマイルが貯まるクレジットカードには色々と種類があります。

本家のJALカードはもちろん、JMB(JALマイレージバンク)は様々な会社と提携しJALマイルが貯まるクレジットカードを発行しています。

豊富な選択肢の中でも今回おすすめしたいのが『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』です。

イオンJMBカードはイオンをよく利用するという人にはぜひおすすめしたいカードとなっています。

イオンJMBカードの公式サイトはこちら

イオンJMBカードとは

『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』は、イオンクレジットサービス株式会社が発行するクレジットカード。

その名の通り、イオンカードとJMB(JALマイレージバンク)WAONカードの機能が合体したカードです。

クレジットカードを利用することで、マイルが貯まったりイオンカードならではの特典を受けることができます。

イオンJMBカードのメリット

イオンJMBカードはJMBカードとしての機能、イオンカードとしての機能をあわせ持っているため、メリットもたくさんあります。

順番に解説していきます。

WAON利用でマイル還元率がアップ

やはり私たちマイラーにとって重要なのは何を置いてもマイルの還元率でしょう。

どんなにお得で会ってもマイル還元率が悪ければ所有するクレジットカードの候補にすら入らない、という人もいるのではないでしょうか。

イオンJMBカードは、クレジット利用によって200円=1マイルが貯まります。

通常還元率は0.5%ということですね。

これだけではショッピングマイルプレミアムを付けない通常のJALカードと同じ還元率なので少し物足りないかもしれません。

しかしそこはさすがのイオンカード。

イオンJMBカードは、WAONの利用でもマイルを貯めることができます。

さらに毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」では通常の2倍の200円=2マイルが貯まります。

これによって一気に還元率が1%の高還元カードになります。

そしてこれだけでは終わりません。

毎月10日の「ありが10デー」ではなんと通常の200円=5マイルが加算されます!

これによって還元率が2.5%にまで跳ね上がるというわけですね。

イオンJMBカード ありが10デー 5倍マイル

引用元:http://www.waon.net/campaign/y2013/thanks10day.html

JALカードであればカードの年会費に加え、さらに年会費3000円+税の有料オプションであるショッピングマイルプレミアムに加入した上で、加盟特約店で利用しても100円=2マイルが最高です。

それを年会費無料で超えてしまうとは驚異の還元率ですよね。

(※クレジット利用は対象外なので要注意!必ずWAONにチャージしてから使ってください)

年会費無料

イオンJMBカードは年会費が無料です。

JALカードであれば最低でも年会費は2000円+税かかりますから、年会費を払いたくない人にとっては非常に重要なポイントでしょう。

またJALカードでイオンJMBカードと同じ還元率1%を実現するためには、ショッピングマイルプレミアムに加入しなければいけませんが、そうなると最低でも5000円+税の年会費が必要になります。

その点年会費無料で還元率1%のイオンJMBカードは本家JALカードよりも優秀と言えます。

家族カードも年会費無料

またイオンJMBカードは家族カードも年会費無料で発行可能です。

ですから、家庭内の複数人のクレジット決済をイオンJMBカードに負担なく集中させることができます。

家族にもカードを渡して使ってもらえばさらにマイルが貯まりやすくなりますね。

ETCカードも無料

さらにイオンJMBカードはETCカードの発行も可能で、発行手数料も年会費もかかりません。

そもそもETCカードが発行できないクレジットカードもありますし、発行できても年会費や手数料がかかるものも多い中これは大きなメリットですね。

もちろんETCの利用もクレジット決済になるのでマイルも貯まります。

高速をよく利用する人はETCカード発行用としてだけでも十分にメリットがあります。

お客様感謝デーで5%OFF

イオンJMBカードは、当たり前ですがイオンカードの一種です。

そのため、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」に利用すると買い物代金から5%OFFになるという特典が付きます。

このお客様感謝デーは全国のイオンはもちろんマックスバリュやビブレなどのグループ店も対象なので、意外とかなり多くの場所で使えるはずです。

すでにイオンカードを使っている人は十分感じていると思いますが、この5%OFFというのは非常に大きいですよね。

55歳以上はG.G対象

さらに、これは55歳以上限定になりますが、毎月15日の「G.G感謝デー」でも買い物代金から5%OFFに。

これはG.Gマークが付いたイオンカード限定なので、対象の場合は発行時にG.Gマーク付きを選ぶようにしてください。

また55歳以上であれば独自の特典が付いた『JMB G.G WAONカード』と、『イオンJMBカード(JMBWAON一体型/G.Gマーク付き)』もありますが…

G.Gマーク付きのJMBカードに関しては別記事で説明していきたいと思います。

タッチ&ゴーが利用可能

そして個人的に特筆すべき点がこれ。

なんとイオンJMBカードでは『タッチ&ゴー』が利用できるということです。

イオンJMBカードはイオンカード+JMBカードの機能をあわせ持ちます。

そのため、JALのIC機能もしっかり搭載していて、JALカードやJMBカードと同じようにスムーズに搭乗手続きが可能になります。

タッチ&ゴーだけでなく、もちろん自動チェックイン機などJALIC機能を利用するどんなシーンでも利用可能。

財布にこれ1枚入っていればスムーズに飛行機への搭乗もできてしまうという優れものです。

他にもJALマイルが貯まるクレジットカードは、ポイントを経由させたりすればかなり種類も多くありますが、JALのIC機能まで搭載しているカードというのはほとんどありません。

個人的にはこのIC機能が非常に嬉しいですね。

その他の特典

他にも、イオンJMBカードはイオンカードならではの特典や機能をたくさん備えています。

たとえば映画館での割引

イオングループのイオンシネマで映画鑑賞をする際にイオンJMBカードでチケットを購入すると、自分と同伴者1名まで300円の割引を受けることができます。

また、日本全国にある優待施設でレジャーをお得に楽しめたり、世界15ヶ国24ヶ所に設置されていて海外旅行時に頼れる「イオンワールドデスク」も利用可能など…

イオンカードならではの特典が満載です。

イオンJMBカードのデメリットは?

ここまでご説明してきたように、『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』は、イオンカードのメリットとJMBカードのメリットを兼ね備えた非常に優秀なカードです。

ただ、あまりにメリットが多すぎるので何かデメリットなどはないのか?というのが気になるところでもあると思います。

そこでイオンJMBカードのデメリットに関しても色々と検討してみましたが…

結論から言えば特に見当たりませんでした。

イオンカードとJMBカードのいいとこどりで、年会費も無料。

還元率も限定的ではありますが最高2.5%と本家JALカードを遥かに凌駕します。

イオンを良く利用してマイルを貯めるという人は積極的に利用したいカードになっていますね。

それでもしいて粗探しをするのであれば…

WAONチャージ分はマイルの積算対象外というところくらいでしょうか。

もしこれがWAONチャージも積算対象になるのであれば、ポイント二重取りで更に還元率が跳ね上がったので多少残念ではあります。

とはいえ電子マネーチャージはポイント加算対象外のカードも非常に多いので、イオンJMBカードが特別劣っているということではありません。

ここは割り切るしかないですね。

今回は『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』の情報をお届けしました。

何度もお話しているように、イオンJMBカードはイオンカードとJMBWAONカードの機能の両方を持つ非常に優秀なカードです。

JALカードと併用してサブとして持つのはもちろん、普段からイオングループを利用する人であればメインにもなり得るスペックを持っています。

年会費無料なのでとりあえず作っておいて損はありません。

JALマイルをより効率的に貯めるために、ぜひ検討してみてください。

イオンJMBカードの公式サイトはこちら

 マイルを効率的に貯めるなら…

 

日々の生活でマイルをよりお得に・効率的に貯めたいと思ったら、こちらの記事もおすすめです。

 

リクルートカードはJALマイルが本家よりお得に貯まる最強クレジットカード!

イオンでJALマイルを貯めるならイオンJMBカードがお得で優秀!