JALカード

JALカード TOKYU POINT ClubQは初めてのJALマイラーにおすすめ!マイルもポイントもザクザク貯まる!

JALカード「TOKYU POINT ClubQ」は、マイルが効率的に貯められるとして注目が集まっているクレジットカードです。

マイルと還元ポイントを2重で貯められるカードでありながら、東急グループの特典も利用できるので、どんどんマイルが貯まる一枚となっています。

PASMOやWAON等の電子マネーをチャージする事でもマイルが貯まるので、年間のフライトが少ない方でもマイルを貯めやすいカードです。

初めてマイルを貯められる方にもおすすめです。

今回はこのお得なJALカード「TOKYU POINT ClubQ」のメリットとデメリットを紹介していきます。

【参考】JALカードの審査を解説!基準は厳しいのか甘いのか?流れや期間、状況も

JALカード「 TOKYU POINT ClubQ 」の基本情報

ポイント還元率 0.5%〜1.0%
搭載国際ブランド VISA、Mastercard
年会費 初年度無料

2年目以降2,000円+税
家族カード 初年度無料

2年目以降1,000円+税
ポイント付与対応済み電子マネー PASMO、WAON、楽天Edy
マイルレート 200円=1マイル
国内・海外旅行保険 自動付帯

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALカードと東急カードがお互いのメリットを生かせるよう提携して発行しているクレジットカードとなります。

国際ブランドはVISAかMastercardであり、世界中で利用できます。海外旅行に行く方ならば、どちらかのカードを所有しておくのが良いでしょう。

JCBカードやアメックスカードをメインカードとして使っている方は海外での利用時に使えない場面が多く、結局サブカードにVISAかMastercardを持たなければいけません。

JALカード TOKYU POINT ClubQなら、たった一枚あれば世界中を飛び回れます。更に普段使いとしても優秀な点も見逃せません。

東急グループと提携していますので同グループを利用される方は必携の一枚です。

JALカード TOKYU POINT ClubQには「普通カード/CLUB-Aカード/CLUB-Aゴールドカード」の3種類があり、それぞれに家族カードもありますのでご家族での使用も出来ます。

年会費とETCカード年会費

  年会費 家族カード年会費
普通カード 2,000円+税 1,000円+税
CLUB-Aカード 10,000円+税 3,780円+税
CLUB-Aゴールドカード 17,000円+税 8,640円+税


年会費を必要とする、このあたりが主なデメリットになります。家族カードも無料のクレジットカードはあるため、気になってしまうデメリットです。

ETCカードの年会費は無料となっていますので、無料なのはメリットですね。

ただし、普通カード/CLUB-Aカードの場合は、発行手数料1,000円(税抜)が発生します。

ETCカードの利用代金でもポイントが貯まるようになっていて、JALカード TOKYU POINT ClubQの利用分と合算して支払います。

JALカード TOKYU POINT ClubQのおすすめポイント

実際にJALカード TOKYU POINT ClubQを利用する場合、いくつかのメリットがあります。

金銭的なメリットはもちろん、サービス面や保険も充実した本カードの魅力についてお伝えします。

1. マイルが効率よく貯まる

JALカード TOKYU POINT ClubQの持つ最大のメリットは、マイルを効率よく貯められる事です。

本カードにはマイルを貯めるために多くの手段があるので、他のカードよりもマイルを貯めるという点で有利になっています。

また日常のショッピングでもマイルが付与されます。付与率は0.5%(特約店1.0%)です。

さらに、年3,000円+税のJALカード ショッピングマイル・プレミアムに加入すると、付与率が2倍となりますので、付与率が1.0%(特約店2.0%)となります。

実際にどの程度使用すれば元が取れるのか計算してみました。1マイル2円換算だと、一般加盟店では年間の支払額が324,000円以上、JALカード特約店の利用では年間162,000円以上となります。

これを月額の支払額に直すと、一般加盟店では月額27,000円以上、特約店の利用では月額13,500円以上の支払いがあれば元が取れる計算になります。この程度であれば、現実的な水準といっても差し支えないでしょう。

ポイントが倍増するショッピングマイル・プレミアムは本カードをメインカードとするなら、必ず加入しておきたい特約です。加入漏れが無いように気を付けましょう。

またCLUB-Aゴールドカードの場合は、ショッピングマイル・プレミアムに自動入会ですので追加の料金は不要です。もし、ショッピングマイルに加入される方はゴールドカードについて検討しても良いかもしれません。

2. PASMOへのオートチャージでポイント付与

JALカード TOKYU POINT ClubQはPASMOと連携することができます。これはつまり、電車やバスに乗る際に貯まるTOKYU POINTとマイルを交換できる事になります。

気になるポイント付与率はショッピングマイル・プレミアムの加入の有無を問わず、200円あたり1ポイント(付与率0.5%)となります。

また、オートチャージ設定をしたPASMOでも、ショッピングマイルの対象となります。10,000円をチャージした場合は、TOKYU POINTが50ポイント付与されます。

東急バスでもオートチャージが可能になっています。東急バス乗車時、PASMOの残高が足りない場合に、一般路線バスは1,000円、空港連絡バスや高速乗合バスは3,000円がオートチャージされます。

このように、東急沿線や東急バスを利用する方は日常的にTOKYU POINTを貯めることができます。そのTOKYU POINTをJALのマイルに交換する事で、「電車代やバス代でもマイルが貯められる」という事です。

※TOKYU POINT ClubQとPASMOを連携させたい場合、別途で記名PASMOの購入、およびPASMOオートチャージサービスの加入が必要となっています。「PASMO公式ページ」からオートチャージサービスには加入出来ます。

3. WAONへのチャージでマイルが獲得可能

JALカード TOKYU POINT ClubQと「JMB WAON」カードを登録する事で、JALカードからチャージできるようになります。またチャージでもお支払いでもマイルがたまります。

(チャージ100円=最大1マイル)+(お支払金額200円=1マイル)

1度の支払いで2重取りとなり、200円で最大3マイルが貯まります。

イオンやミニストップなど日常的にWAONを利用する方は、JALカード TOKYU POINT ClubQと提携する事でポイントの2重取りとなり、還元率を更に増加させる事が可能です。

また、JALカード TOKYU POINT ClubQには別途WAONカードが必要となります。ですが、どのWAONでも提携出来るわけでありませんので注意が必要です。使用可能なWAONは下記の2種類となっています。

JMB WAONカード

イオンとJALが提携して発行しています。通常のWAONカードは貯まるのがWAONポイントであるのに対して、JMB WAONカードはJALマイルが貯まるのが特徴です。

モバイルJMB WAON

JALマイレージバンクとWAONが一つになったアプリです。対応している携帯電話やスマートフォン(Android)で利用する事が出来ます。

モバイルJMB WAONのインストールはこちらから

4. TOKYU POINT加盟店でポイントニ重取り

東急グループでのお買い物では、TOKYU POINTが別途付与されます。

JALカード TOKYU POINT ClubQカードの金銭面でのメリットは、何もJMBマイルが貯まることだけではありません。

特約店を利用する事で、TOKYU POINTが貯まりやすいという点も大きなメリットとなっています。

以下では代表的な店舗をまとめてみました。

店舗名 特約店ポイント ポイント付与率
東急百貨店、ShinQs 100円につき3〜10ポイント 3.0%〜10.0%
渋谷ヒカリエ 100円につき2ポイント 2.0%
八王子東急スクエア 100円につき2ポイント 2.0%
武蔵小杉東急スクエア 100円につき2ポイント 2.0%
町田東急ツインズ 100円につき1ポイント 1.0%
東急ストア・プレッセ 100円につき1ポイント 1.0%
クイーンズスクエア横浜 100円につき1ポイント 1.0%
SHIBUYA109「109MEN’S」 100円につき1ポイント 1.0%
レミィ町田(旧109MACHIDA) 100円につき1ポイント 1.0%
東急プラザ 100円につき1ポイント 1.0%
東急ハンズ 100円につき1ポイント 1.0%
東急ベル 100円につき1ポイント 1.0%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 100円につき1ポイント 1.0%

また、東急グループ以外でもポイント特約店があり、さらにTOKYU POINTが貯まります。

代表的なポイント加盟店は、ENEOSやJOMO、タイムズなど全国的に展開している企業も参加しています。その数はなんと52,000店舗以上もあります。

また、ポイントアップデーを設定して破格とも言える5.0%〜9.0%のポイントが付与される特約店もあります。

最大還元率は9%のレミィ五反田、6%の武蔵小杉東急スクエアなどポイントアップデーを利用すれば一気にポイントが貯められます。

5. JALカードの付帯サービスが優秀

  保険・サービス 普通カード CLUB-Aカード CLUB-A

ゴールドカード
国内旅行 傷害死亡・傷害後遺障害 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1億円
海外旅行    傷害死亡・傷害後遺障害 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1億円

(自動付帯5,000万円)
傷害・疾病治療費用

(限度額)
150万円 最高300万円
賠償責任

(1事故の限度額)
2,000万円 最高1億円
携行品損害

(1旅行限度額/年間限度額)
50万円/100万円 50万円/100万円

(免責3,000円/1事故)
救援者費用(年間限度額) 100万円 100万円 最高400万円
日本語による24時間救急サービス
国内外においてカードで購入された品物の損害を商品購入日を含めて90日間、年間最高金額まで補償 最高300万円

JALカード TOKYU POINT ClubQ会員である期間中は旅行回数、利用航空会社を問わず、自動的に保険が付帯となります。

また、航空券を購入していない場合でも適用(自動付帯)となりますので、カードを無理やり使う必要もありません。

保険の適用期間は、日本を出国した日の翌日から90日間を限度に全期間が対象です。

CLUB-AカードやCLUB-A ゴールドカードでは、万が一の事故によるケガや病気はもちろんの事、旅行には欠かせないカメラやバッグなど携行品の盗難や破損による損害に対しても補償してくれます。

6. 旅行傷害保険で万が一にも安心

普通カードでも傷害死亡・傷害後遺障害の場合には最大1,000万円まで保障してくれます。

また、CLUB-Aカードでは最高5,000万円、CLUB-A ゴールドカードでは条件付きとなりますが、最高1億円までの手厚い保障が受けられます。

海外旅行ではCLUB-Aカード、CLUB-A ゴールドカードの場合は救援者費用や携行品損害まで対応していますので、痒い所に手が届く保険となっています。

また日本国内では航空機ご搭乗中だけではなく、公共交通機関をご利用中にケガをされた場合、宿泊を伴う企画旅行中にケガをされた場合、また宿泊施設宿泊中に火災または破裂や爆発により、ケガをされた場合にも保険が適用になりますので、国内旅行でも安心です。

入会キャンペーンでもっとお得!

2018年7月18日〜 10月31日の期間中、JALカードに入会すると、最大10,600マイルが獲得できるキャンペーンを開催中です。

JALカード入会キャンペーンの詳細はこちら

JAL TOKYU POINT ClubQ カードはこんな方におすすめ

ここまで、JALカード「 TOKYU POINT ClubQ 」について紹介してきました。マイルを効率よく貯められる本カードですが、どのような方が最大限に活用できるのか、まとめてみました。

本カードの主なデメリットは、JALを全く利用しない事や、東急沿線に住んでいないとメリットが少ない事、また上位カードでは年会費が多少かさむ事です。

これを考慮した結果、以下のような方がこのカードを持つ事が望ましいとされます。

  • JALまたは、東急沿線を利用する方
  • 年間に一度でも海外旅行に行く方
  • 東急グループと提携企業のお店を利用する方

JALを利用する方か、東急沿線を利用する方ならば、日常生活でマイルが貯まりやすいという性質上、年会費の元がすぐ取れるためおすすめです。

上記に加えて海外旅行に行く方は、保険の自動付帯部分だけでも十分な性能を持つため、保険に加入する必要が無いという点も大きな利点ですので更におすすめします。

2018年7月18日〜 2018年10月31日間で入会キャンペーンをやっていますので、この期間に是非ともJALカード「 TOKYU POINT ClubQ 」に入会してみてはいかがでしょうか?

 

 マイルを効率的に貯めるなら…

 

日々の生活でマイルをよりお得に・効率的に貯めたいと思ったら、こちらの記事もおすすめです。

 

リクルートカードはJALマイルが本家よりお得に貯まる最強クレジットカード!

イオンでJALマイルを貯めるならイオンJMBカードがお得で優秀!